車買取 三重

走行距離が多い車の査定価格はいくらぐらいになるのか?平均的な走行距離の車と比べてどのくらい査定額が低くなるのか?どうすれば走行距離が多くても高く売ることができるのか、気になっているアナタは必見!

走行距離が多い車の査定価格はいくらぐらいになるのか?平均的な走行距離の車と比べてどのくらい査定額が低くなるのか?どうすれば走行距離が多くても高く売ることができるのか、気になっているアナタは必見!

走行距離が多い車はどれくらい価値が下がるのか?

車の走行距離は、1年で10,000kmぐらい走るのが平均的だと言われています。3年落ちで30,000キロ、5年落ちで50,000キロ、7年落ちで70,000km、 10年落ちで10万キロが目安となっています。 中古車を買う場合にも、同じ年式で同じグレード、走行距離が1万キロ違うというだけで金が10万円以上変わってくることも。 ですから、車を下取り査定する時に、目安となる走行距離を上回っていると平均的な査定価格よりも安くなりがちです。 特に、ディーラーの下取り査定の場合には低く見積もりされるようですから注意してくださいね。 そのような走行距離が多い車を少しでも高く売るには、さまざまな販売網を持つ中古車買い取り会社が参加している一括査定サービスを利用するのがオススメです。 どうしてかと言うと、一括査定では買取業者同士の競争原理が働くので、査定価格が高くなりやすいという事と、海外向けに輸出する買い取り業者なども参加しているので、日本国内で需要の少ない車でも高く売れる可能性が上がるからです。 いくつかある一括査定サービスの中でも加盟している買い取り会社数が1,000社ほどある「カーセンサー」のサービスがオススメです。

車買取 三重 © 2018